マヌカハニーの免疫力効果

ここではマヌカハニーの免疫力効果について述べています。

 

マヌカハニーには優れた殺菌作用があると言われています。また、一般的なハチミツの数十倍以上の高い抗菌作用があり、煎じた葉には風邪の諸症状・解熱効果があるとされています。さらに、樹皮は鎮静剤にもなるそうです。

 

ハチミツのなかでもマヌカハニーには特別な殺菌成分が含まれているため、大腸菌、腸球菌、ピロリ菌の抑制や殺菌、消化性潰瘍やその他の感染症の治療に高い効果があることが発表され、話題になりました。

 

また、天然ハチミツには過酸化水素という殺菌成分が含まれており、体内の悪玉菌や外傷の殺菌などに有効と考えられていますが、マヌカハニーにはもう一つの「メチルグリオキサール(MGO)」という殺菌成分が多く含まれていることを、ニュージーランド国立ワイカト大学のピーター・モラン教授やドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授らが明らかにし、注目を集めました。

 

さらに、メチルグリオキサールは酵素に弱いハチミツの過酸化水素と比べ、体内の酵素でも分解されず、希釈されていない状況でも殺菌力を発揮し、熱や光にも強いなど、アクティブな殺菌作用を持つということが、ニュージーランド国立ワイカト大学の研究発表で示されているそうです。

 

マヌカハニーが収穫される地域や純度によりメチルグリオキサールの含有量は異なり、その含有量が増えれば増えるほど、殺菌作用や抗菌作用に力を発揮するとされています。

 

しかもメチルグリオキサールと普通のハチミツの過酸化水素の両方が含まれている唯一のハチミツということなので、高い免疫力効果が期待できそうです。

 

さらにマヌカハニーには抗炎症作用もあるため、風邪を引いて喉が痛いと感じた時に、ティースプーンでマヌカハニーをすくって何回か食べると、喉の炎症をやわらげてくれます。

 

また、マヌカハニーに含まれている様々な細かい花粉は、免疫細胞が過剰に反応しないようにするために役立つとされています。そのため、普段からマヌカハニーを舐めるようにすることは、花粉症の改善にも効果的だと言われています。

 

さらに、切り傷などができた際、傷口にマヌカハニーを塗ると、治りが早いとも言われています。

 

そのため、マヌカハニーは高い免疫力を発揮する食材として、生活の様々な場面で活躍してくれそうです。

 

ちなみにマヌカハニーはオーストラリアやニュージーランドの一部に生息するマヌカの花の蜜から作られたハチミツです。マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などを意味し、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族は樹液や葉を薬として用いるそうです。