水素水健康法

ここでは免疫力を高める方法として、水素水健康法を紹介しています。

 

水素水」は近年、アンチエイジングや病気予防に効果的だとして話題になっています。その水素水とは簡単に言えば、水素分子(H2)が豊富に溶け込んでいる水のことを指します。

 

この水素水が免疫力を高めるのに効果的だとされている理由は、水素水に含まれている水素分子(H2)が、体内や細胞内の隅々まで素早く自由に駆け回り、体内の活性酸素を除去する働きがあることが日本医科大学教授の太田成男氏の研究チームによって明らかにされたからです。

 

太田成男教授は、ミトコンドリア研究の第一人者としても知られており、水素分子(H2)については、『ミトコンドリアのちから』のなかでこのように述べています。

 

 培養細胞にアンチマイシンAという物質を添加すると、第4章でも述べた電子伝達系の複合体の働きが一部阻害されて、スーパーオキシドや過酸化水素が発生し、さらにそこからヒドロキシルラジカルもできてくる。それら活性酸素の発現量を、細胞の染色技術を駆使して測定しつつ、溶液に溶かした水素ガス(水素分子)を添加したときにどうなるかを調べた。すると水素ガスはヒドロキシルラジカルだけを選択的に減らすことが確かめられた。しかも水素分子はミトコンドリアの中だけでなく核の中のヒドロキシルラジカルも除去して、細胞のミトコンドリアと核の両方を守ることもわかったのである。これは水素分子が非常に小さいため、生体の脂質膜を容易に通り抜けることができるからだ。他のいくつかの測定方法でも注意深く調べてみたが、やはり水素分子がヒドロキシルラジカルを選択的に除去し、スーパーオキシドや過酸化水素には影響を及ぼさないという結果が得られた。

(太田成男・瀬名秀明 『ミトコンドリアのちから』 p220~221)

 

水素分子(H2)は植物に含まれているポリフェノールをはじめとした抗酸化物質とは違い、細胞内の必要な場所に素早く到達して、悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があると言えます。

 

また、この水素分子(H2)のはたらきに関する研究報告は、医学界の学術雑誌「ネイチャーメディシン」誌で発表され、国内でも大きな話題になりました。

 

ところで活性酸素とは、電子と酸素が結びついた物質のことであり、体内の細胞のミトコンドリアが摂取した食物を一度電気エネルギーに変換し、ATPと呼ばれる物質を生成する際に、エネルギープラントであるミトコンドリアからどうしても発生してしまうものです。

 

しかし、この活性酸素は、ガンなどから体を護る働きをはじめとして、体にとって良い効果もあるとされているため、必ずしも悪者だとは言いきれません。

 

抗酸化物質の過剰摂取によって、逆にガンなどのリスクが高まると言われることがあるのはそのためです。

 

ところが、先程も述べましたが、水素水には悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があるため、生活習慣病をはじめとした様々な病気を予防するのに、水素水は有効だと考えられるのです。

 

さらに、活性酸素の除去はミトコンドリアの機能低下を防ぎ、ミトコンドリアの機能を回復させるのに役立つと考えられるため、「ミトコンドリア健康法」としても、水素水はオススメです。

 

より詳しい水素水の効果効能についてはこちらのページをごらんください。

 

また、水素や水素水についての研究報告や詳しい情報を知りたい方は、太田成男氏の『ここまでわかった 水素水最新Q&A』を一読されることをオススメします。

ミトコンドリアの研究者太田成男氏監修の【浸みわたる水素水】 は初めての方にオススメです。