ミトコンドリアの増やし方

からだの代謝を良くしたり、新陳代謝を活性化したりするためには、ミトコンドリアの量を増やしてエネルギー代謝を活発にすることが必要です。

 

ではミトコンドリアを増やすためには何をすれば良いのでしょうか?

 

まずミトコンドリアを増やすために大切になってくるのは、ミトコンドリアはエネルギーが必要だと感じると増えていきますので、身体を動かすことが重要になってきます。

 

普段、部屋にこもりっきりで体をほとんど動かさない生活を送っていれば、ミトコンドリアの数が増えることはなく、むしろエネルギーを生み出す必要がないと判断して減っていってしまいます。

 

そのため、日頃から適度な運動をすることが必要になってくるのですが、身体を動かすといっても、息切れするような激しい運動(無酸素運動)ではなく、ウォーキングやゆったりとしたランニングやスロージョギングなどの有酸素運動です。

 

ミトコンドリアは酸素によってエネルギーを生み出そうとするため、ミトコンドリアを増やすために必要なのは、あくまで酸素を摂り入れる運動なのです。

 

ところが、激しい運動を行うと、今度は活性酸素が増えすぎてミトコンドリアの機能を低下させると言われているため、息切れするほどの激しい運動は禁物です。

 

ちなみに、ミトコンドリアを増やすためにより効果的な運動は、軽いウォーキングに少し負荷が筋肉にかかるジョギングを組み合わせるような、サーキットトレーニングです。またインナーマッスルを鍛えられるヨガや気功などもミトコンドリアを増やすためには効果的です。

 

それに加えて、ミトコンドリアはブドウ糖を摂りすぎると働きが鈍るという酵母を使った実験があるため、ミトコンドリアを増やすには糖質制限が有効だとされています。

 

ちなみにミトコンドリアの増やし方として太田成男氏は『体が若くなる技術 ミトコンドリアを増やして健康になる』のなかで4つのことを挙げています。

 

4つのミトコンドリアの増やし方

 

マグロトレーニング

 

「マグロトレーニング」とは、簡単に言えば、ヒラメのような瞬発力のある筋肉(白筋)ではなく、マグロのような持久力のある筋肉(赤筋)を鍛えるということです。

 

ミトコ ンドリアは、体のなかでたくさんエネルギーを使う場所である「筋肉」に多く存在しているそうなのですが、「白筋」よりも持続力の強い「赤筋」のほうに多く含まれているため、ウォーキングやジョギングといった運動を行うことが大切なのだとしています。

 

また、最大心拍数が六〇%程度になるように抑えながら行い、時々少し強めの力、筋肉の八〇%くらいの力を出すことも、ミトコンドリアを効率的に増やすのに 有効だと言います。

 

例えば、ウォーキングの合間に軽いジョギングを混ぜるなどして、緩やかな運動の合間に少し強めの運動を織り交ぜると、より一層効果が期待出来るそうです。

 

 

姿勢を保つ

 

ミトコンドリアは、筋肉の中でも姿勢を保つための筋肉、背筋と太腿の筋肉に多く含まれていると言います。そのため、背筋のミトコンドリアを増やすためには、背すじを伸ばすことが非常に重要な意味を持ってくるのだそうです。

 

姿勢を保つために、ヨガや太極拳、日本舞踊などを生活習慣に採り入れることは大切ですが、普段から背すじを伸ばすよう心がけることも、持続的にミトコンドリアを増やすための効果的な方法であり、具体的なやり方の一つであると言います。

 

また、姿勢が保たれるように背筋を鍛える運動として、日本舞踊やヨガや太極拳などが効果的だとしています。

 

さらに太田氏は「むしろより大切なのは、運動中の姿勢よりも、普段の生活の中での姿勢」だとし、「背すじをピンとのばすように意識する」ことは、「持続的にミトコンドリアを増やすための、もっとも効果的な方法」であり、具体的なやり方のひとつだと述べています。

 

 

寒さを感じる

 

ミトコンドリアは寒さを好むため、寒さを感じてミトコンドリアにエネルギーが必要だと感じさせることが、ミトコンドリアを増やすための秘訣だと言います。

 

エネルギーが作られなければ、生命活動が維持できなくなるため、からだはミトコンドリアを増やそうとするのです。そのため、風邪をひかないよう注意しながら、寒中稽古を行なったり、サウナのあとの水風呂に入ったりして、積極的に寒さを感じるようにすることは、ミトコンドリアを増やすのに有効なのだとしています。

 

 

空腹を感じる

 

アカゲザルを使った実験では、七〇%にカロリーを制限することは寿命をのばすことにつながることが分かったそうですが、ミトコンドリアを増やすためにはカロリー制限よりも空腹を感じることがより重要になってくるのだと言います。

 

その理由は、空腹になると、からだはエネルギーがもっと必要だと認識するようになり、ミトコンドリアを増やそうとするからです。

 

そのため、毎日カロリー制限をしなくても、時々空腹感を味わったり、食べない健康法として週末断食などを行なったりすることは、普段の生活でも実行できる有効な方法なのだと言います。

 

また、食べてから運動するのではなく、積極的におなかを空かせてから運動することで、ミトコンドリアをより増やすことができるそうです。

 

しかし「空腹を感じる」とはいっても、無理にカロリー制限をすることで痩せすぎることは、必ずしも健康につながるわけではないようです。内蔵脂肪を溜め込んだ「メタボ」は深刻な生活習慣病を引き起こしてしまいますが、実はコレステロールの少ない痩せすぎの人も、死亡率が高いそうなのです。

 

死亡率は年齢が関係しており、メタボにより糖尿病になる平均年齢は約五〇歳で、やせすぎにより死亡率が高くなるのは男性だと七〇歳から、女性だと七五歳であるといいます。

 

したがって、太田氏は、六五歳以下では、食べ過ぎて内臓脂肪をため込むのを避け、生活習慣病にかからないようにする必要があるとし、六五歳を過ぎたら、今度は食べ過ぎる必要はありませんが、栄養たっぷりの食事をとって体力をつけることで、やせすぎによる筋肉の衰えを避けたほうが良いとしています。

 

つまり、やせすぎの予防と空腹を感じることは、年齢を意識して毎日の生活に取り入れることで、体の変化にあわせた健康法になるのだそうです。

 

以上が、太田成男氏によるミトコンドリアの増やし方ですので、ミトコンドリア健康法のために、ぜひ参考にしてみてください。

 

またミトコンドリアを元気にするといわれているサプリメントとしては、水素水コエンザイムQ10などが挙げられますので、興味がある方はミトコンドリアの健康のために試してみてください。

体が若くなる技術 ミトコンドリアを増やして健康になる
太田成男『体が若くなる技術 ミトコンドリアを増やして健康になる』
ミトコンドリアの増やし方