ミトコンドリアとコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、細胞の中でATPと呼ばれるエネルギー通貨を作り出しているミトコンドリアに存在しており、その生命活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出す際に不可欠なものです。

 

そのコエンザイムQ10はあらゆる細胞や血液中に存在することから、「ユビキノン」(ラテン語で「いたる所に存在する」という意味を持つ「ubiquitous(ユビキタス)」という言葉に由来)と呼ばれることもあります。

 

ちなみに「コエンザイム」とは補酵素のことで、補酵素は新陳代謝に深く関わっている酵素の働きを助けています。

 

そのためコエンザイムQ10には、新陳代謝を活性化する働きがあり、コエンザイムQ10が体内に十分に存在していることで、基礎代謝が高まり、効率良くエネルギーがつくられるようになるため、疲れにくく健康な体を維持することが可能になります。

 

また、細胞の老化を防いでくれるため、生活習慣病全般の予防にも役立ちます。

 

さらにコエンザイムQ10には、疲労回復効果、肌の老化を防ぐ効果、心臓病を予防するといった免疫力効果があるとされています。

 

コエンザイムQ10の効果・効能

  1. 代謝活性を高める作用(エネルギーを作る)
  2. 抗酸化作用(細胞等の錆を防ぐ)
  3. 血行動態改善作用(全身の血行の改善を図る)
  4. 抗老化作用(老化を予防する)
  5. 健康で長寿作用
  6. 向ホメオスターシス作用(生体の調節計を正常化させる)
  7. QOLを高める作用(生命の質を高める)
  8. 補剤としての作用(体力・気力を補う)
  9. 駆瘀血作用(血流のとどこおりを正す)
  10. 美肌効果      (永田勝太郎 『コエンザイムQ10の魅力』 p170より)

 

ところが体内のコエンザイムQ10は20歳を過ぎると次第に減少していくと言われています。そのため細胞のミトコンドリアによってエネルギーが作られにくくなるのです。

 

そのことにより、エネルギーの産生が滞るので、疲れやすくなったり、体調不良が起きやすくなったりしてしまうのです。

 

コエンザイムQ10は、牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、いわし、さば、うなぎ、あんこうなどの魚類、ほうれんそうやブロッコリーなどの野菜類に含まれていますが、一日の必要量を食事から補うのは難しいとされています。

 

そこでコエンザイムQ10をサプリメントから摂取することが推奨されるのですが、コエンザイムQ10のサプリメントには「酸化型」と「還元型」があります。

 

コエンザイムQ10を摂るなら「還元型」

 

サプリメントからコエンザイムQ10を補給する場合は、体内の細胞がエネルギーを生み出しやすいのは「還元型」のほうを選ばなければなりません。

 

「酸化型」は一度、還元型に体内で変換しなければならないうえ、加齢によってその変換率が下がってしまうため、せっかくコエンザイムQ10をサプリメントから摂取しても、「酸化型」の場合は多くが無駄になってしまうからです。

 

そこでおすすめしたいのは、コエンザイムQ10に関しては世界のトップメーカーであるカネカの「還元型コエンザイムQ10」です。

ミトコンドリアを元気にする還元型コエンザイムQ10
還元型コエンザイムQ10はミトコンドリアを元気にしてくれます。

カネカの【コエンザイムQ10】 は「酸化型」ではなく「還元型」であるため、スムーズに体内で作用してミトコンドリアの働きとエネルギーの産生を助けてくれます。

 

そのため、還元型コエンザイムQ10を日頃の生活に採り入れると、ミトコンドリアが元気になり、わたしたち自身も、毎日を元気に過ごすことができるのです。したがってミトコンドリア健康法のために還元型のコエンザイムQ10は効果的なのです。

 

ちなみにコエンザイムQ10のサプリメントを実際に服用する場合は、食後に飲む方が吸収されやすいと言われているため、食後に飲まれることをオススメします。

ミトコンドリアとコエンザイムQ10