免疫力と生命力

ここでは免疫力と生命力の関係について述べています。

 

免疫力と生命力の関係性については、医学博士の西原克成氏が「免疫システムの正体は、細胞レベルの消化という<吸収・代謝・同化・異化・貯蔵・排出>と、リモデリ ングによる再生という生命力の一連の生体反応のこと」「免疫力=細胞の消化・再生力、つまり細胞の生命力」であると述べています。

 

そのため、「病気や老化は、その消化・再生力の衰えが原因」でもあると述べています(詳しくは西原克成『免疫力を高める生活 健康の鍵はミトコンドリアが握っている』を参照してください)。

 

これはどういうことかといえば、免疫力が細胞の活発な新陳代謝や滞りのないエネルギーの流れと深く関わっているということです。

 

つまり、細胞の新陳代謝(リモデリング)がスムーズに行われている状態の時が、もっとも細胞の生命力=免疫力が高まるのだと考えられるのです。

 

もし体内の血液や細胞に、糖質や脂質、毒素などの余計なものが溜まっていたとしたら、免疫力は本来の能力を発揮できなくなってしまうのです。

 

そして反対に、からだがキレイな状態になり、本来の免疫力を取り戻せば、わたしたちの生命力も高まっていくと考えられるのです。

『免疫力を高める生活』
参考文献 西原克成 『免疫力を高める生活 健康の鍵はミトコンドリアが握っている』 サンマーク出版
免疫力を高める生活